お知らせ

山口久乗からのご連絡

  1. home
  2. お知らせ

2020/4/21 久乗おりんショールームは当面の間、閉めさせていただきます

新型コロナウイルス感染拡大防止および政府からの緊急事態宣言を受け、令和2年4月21日より当面の間(5月6日目途)、久乗おりんショールームは閉めさせていただきます。
お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い致します。

なお、平日のみ 午前8時30分から午後5時まで、事務所では最少人数で電話や通信の対応を行っております。
ご不便、不都合はご容赦ください。

資生堂ギャラリー「記憶の珍味 諏訪綾子展」に"てのりん"

資生堂ギャラリーにて、2020年1月18日(土)から3月22日(日)まで、諏訪綾子の個展『記憶の珍味』を開催されております。
その参加型パフォーマンスにて、久乗おりん「てのりん」が使われております。
諏訪綾子氏は、本能的な無意識の感覚に訴えることのできる表現媒体として「食」を扱い、体験者に新たな問いや発見をもたらすことを追求する、現在、世界で高い注目を集めるフードアーティストです。
本展で諏訪綾子氏は、誰もが個人的にもっている記憶をテーマに新たな「食」の表現に取り組みます。
展示会場には、諏訪氏が様々な香りから調合した数種類の「記憶の珍味」を来場者が実際にあじわうことで、自身の記憶を呼び起こす体験の場が設けられます。
また、自然の中から生じた有機的なかたちをともなった「記憶」をあじわうための幾つものツールがインスタレーションとして展示されます。
会期中には、不定期に、ギャラリー内で、諏訪氏自身が自らの記憶をゲストとともにあじわい、その感覚を共有する参加型のパフォーマンスを実施されております。
諏訪氏自身がその場でもてなす生の「記憶の珍味」をあじわうことは、ゲストにとってそれぞれの個人的記憶を共有することができるようなリチュアルでドラマティックな体験を生み出します。
その中で、久乗おりん「てのりん」が使われております。

現代の文明社会に生きる私たちにとって、自然に寄り添い感じ取られる感覚を他者とともに共有することは、もはや貴重な経験となったのではないでしょうか。本展で、あじわいを通じ自らの記憶を他者と共有することによって次第に開かれていくコミュニケーションを経験するとともに、「自然からのインスピレーション」を体感してみてください。

会場: 東京銀座資生堂ビル地下1階「資生堂ギャラリー」(東京都中央区銀座8-8-3)
会期: 2020年1月18日(土)~3月22日(日)

「記憶の珍味 諏訪綾子展」について、詳細は下記リンクにて。
資生堂ギャラリー開催中の展覧会

続きを読む

2019/12/15北日本新聞掲載 高岡西高等学校「若TAKA塾」にて講演

令和元年12月13日、高岡西高等学校にて、さまざまな分野で活躍する高岡ゆかりの人に学ぶ「西高・若TAKA塾」が開講され、弊社の専務が講演、ブランド強化のための取り組みなどを語りました。
「伝統工芸高岡銅器で生き残るために」と題して、大学で学んだマーケティングの知識が仕事に生かされていることを説明しました。高岡駅の発車音におりんが久乗おりんが使われるようになるまでの取り組みや、現代風のデザインの商品開発など、単純な差別化だけではなく、ブランド展開してきたことについて、説明しました。

20191215kitanippon00.jpg

2019/10/19 東大寺の現代散楽が北日本新聞に掲載

令和元年10月19日の東大寺で開催された大仏殿での奉納演奏や金鐘ホールでの現在散楽について、北日本新聞に掲載されました。
東大寺での詳しい模様については後日アップロードいたします。

20191020kitanippon.jpg

2019/10/19 東大寺 現代散楽 開催

sangaku.jpg

詳しくはこちらをご覧ください。

「久乗編鐘で紡ぐ、古代浪漫。」

東大寺盧舎那仏[大仏殿]、東大寺総合文化センター 金鐘ホールにて、
久乗編鐘を使った現代の散楽を奉納いたします。

散楽とは、音楽・踊り・アクロバット・ジャグリング・物まね・演劇・手品・人形劇など様々な芸能が合わさったもので、
752年の大仏開眼供養会においても「散楽一舞」が奉納されています。
この由緒ある散楽を、現代のアーティストたちで再現します。

東大寺で奏でる 音楽×語り×伎芸。
幻の「散楽」が「久乗編鐘」とともに甦る。
これまでにない新感覚芸術舞台です。

■日程
2019年10月19日 (土)

■時間/場所
13:30〜13:45
奉納演奏
東大寺盧舎那仏[大仏殿]

14:30〜16:10 (14:00会場)
現代散楽 舞台演奏
東大寺総合文化センター 金鐘ホール
〒630-8208 奈良県奈良市水門町100番地

■入場料
無料 全席自由席(先着321名)

詳しくはこちらをご覧ください。

アストロリン LIFE×DESIGNアワード「ベスト匠の技賞」受賞

この秋の新作「アストロリン」が、
第6回東京インターナショナル・ギフト・ショー
第5回LIFE×DESIGNアワード
「ベスト匠の技賞」を受賞いたしました。

今回「LIFE×DESIGNアワード」の特別審査員として、日本最大のインテリアSNS「RoomClip」のユーザーを200名招待。インテリアや住まいづくりへの関心が高い消費者による投票が行われました。建築やインテリア、流通、メディアなど、ご来場の皆様の投票結果をもとに審査をし、「LIFE×DESIGNアワード」が決定しました。

第5回LIFE×DESIGNアワードのお知らせ

news0904_01.jpgnews0904_06.jpg

9/3-6 東京インターナショナルギフトショー秋2019に出展

令和元年9月3日から6日まで東京ビッグサイトで開催されます、第88回東京インターナショナルギフトショー秋2019に出展致します。
会場は東京ビッグサイト青海展示棟のNIPPON QUALITYのブース内B02です。
NIPPON QUALITYのコンセプトに沿って、海外のバイヤー様向けに、
平常心になれるおりんの音色で、より素晴らしいビジネスライフならびに、より豊かな日常生活をテーマに、商品を選定しています。
最新作のアストロリンもNIPPON QUALITYサイトでは紹介されておりませんが、ご覧いただけるようにいたしますので、
日本のバイヤー様も、是非お越し下さい。

山口久乗 NIPPON QUALITY in GIFT SHOW autumn 2019

第5回エンディング産業展にて、新商品発表

C34858.jpg

2019年08月20日(火) ~ 2019年08月22日(木)
東京ビッグサイト西2ホールで開催される、
第5回エンディング産業展にて、新作を発表いたします。
出展ブース番号は「小間番号10-61」です。

http://ifcx.jp/

発表される新商品は、星シリーズのアストロです。
ぜひ、現地にて気持ちの良い、清らかな音色をお試しください。

NHKラジオ放送「街に響くおりんの音色~富山~」にて久乗おりんの音色が放送されました。

令和元年7月15日~31日 NHKラジオの全国放送で、久乗おりんの音色が放送されておりました。
5分の番組で、NHKラジオらじる★らじるのサイトにて、令和元年9月10日まで配信されていますので、
是非聞いてみて下さい。

高岡大佛寺
鋳物工場
高岡関野神社
高岡市立の学校のチャイム
高岡駅
雨晴海岸
※すべて久乗おりんの音色です。

NHKラジオらじる★らじる 2019/9/10まで配信

g442.jpg

7/26 全国AMラジオ「歌のない歌謡曲」で弊社のおりんの音色が放送される

令和元年7月26日金曜日 KNBラジオでは 午前7:45~8:00
全国放送の朝の長寿番組「歌のない歌謡曲」にて、弊社のおりんの音色も放送されました。

「銅が奏でる音」というテーマで、
高岡の風鈴、おりん。
電車の発着音。学校のチャイム。駅の発車音。東京五輪音頭。
工場内の打撃音や研磨の音を音楽にしたり、
ブロンズカップの乾杯の音などが、放送された中に、
弊社の久乗おりんの音色がいくつもありました。

6/14 KNBラジオで弊社のおりんの音色が放送される

令和元年6月14日金曜日 午前11時20分ごろから
KNBラジオ「とれたてワイド朝生!」内「木下一哉の音の旅に出よう」のコーナーで、
風鈴とおりんの音色ということで、
高岡銅器協同組合の高岡風鈴との音色と、
弊社の久乗編鐘「宙」、高岡駅の発車音、高岡市立の小中学校のチャイムの音が、放送されました。

THE ROOTSに掲載

弊社社長の仕事についてのこだわりなど、掲載されております。

↓下記バナーをクリック↓
株式会社 山口久乗 山口敏雄

IMG_1152.jpg

6/15 6/26 会社説明会を実施します。

採用担当の山口康多郎(やまぐちこうたろう)です。
この度、弊社では新卒及び中途の正社員を募集しております。

6月15日と26日に会社説明会を実施しますので、是非お気軽にお参加いただければと存じます。

詳しくは、下記リンク、リクナビ2020の山口久乗サイトをご覧ください。

リクナビ2020の山口久乗サイトはこちら

中途の方のエントリーや、別日程、別時間帯での説明会の実施希望などございましたら、
採用担当までお気軽にお問合せください。

担当者:山口(出張が多いため、メールの方が連絡がつくかもしれません)

TEL:0766-22-0993(平日のみ 9時~17時30分)

Email:kotaro@kyujo.co.jp

続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11